ランドナー・ロードレーサー・ツーリング車・趣味の自転車買取ならお任せ下さい!自転車買取専門店

三月双輪社
買取専用フリーダイヤル
0120-68-3196
10:00~20:00
(年中無休/不在時は留守電へ)
電話見積やご相談だけでも大歓迎。

自転車買取専門店「三月銀輪館」では関東地方を中心に自転車を無料出張買取させて頂きます!
ロードレーサーとランドナー系のツーリング車、そしてミニベロや折り畳み自転車など皆様の自転車を大事に買取させて頂きます。オーダー車やビンテージも大歓迎!完成車以外でも自転車フレームやパーツや工具、更には自転車雑誌もOKです。専門店として自転車大好きなスタッフが高価買取致します!

最新の買取事例のご紹介です
2017-01-17日NEW!
[ツーリング車]東叡650Bランドナー 2015年完成
2016-12-13
[ロードレーサー]横尾双輪館/HOLKS・1997年オーダー
2016-11-14
[ロードレーサー]スカピン1985年+現行カンパの温故知新
2016-09-15
[ツーリング車]両国いちかわ・リバーワン・16インチミニベロ
2016年08月10日
   [ランドナー]TOEI ランドナー・ジェントルマン
2016年06月30日
   [自転車ロードバイク]ピナレロ ROKH (2014)完成車
2016年05月10日
 [自転車ロードレーサー] シクロウネ・ロゴ時代(1976?)
2016年04月07日
「オーダー・ランドナー」ケルビム650Bツーリング車
2016年04月01日
[自転車・ロードバイク・フレーム]  VELLUM/ベラム
2016--03-29
[ロードレーサー・完成車 ]ナカガワ・オーダーロード
2016-03-21
[ロードレーサー・完成車]善福寺レオパード(1980年頃)

2016-02-27
[ツーリング車] ・クラブモデル(改)TAクランク換装
買取実績の一例です

昔のロードレーサー

古いロードバイク

昔のロードレーサーは是非お任せ下さい。国産・海外のメーカー車や古いビルダーさんの逸品物まで。ピストやショップオリジナルのロードレーサーもご相談下さい!

ランドナー系

ランドナーをはじめとするツーリング車は当店の得意分野です。新旧のランドナーやスポルティーフ、マスプロからオーダー車まで、実走スタイルから「美しき魔物」まで是非!

近年のロードバイク

現在のロードバイク
現行・近年のロードバイクも他店に負けません!最新のカーボンモデルからアルミロード、そして伝統的なスチールモデルまで。オーダー車やショップ組み付け車も大歓迎です!

自転車フレーム

フレーム各種

新旧のメーカーからオーダーフレームまで。ロードバイク・MTB共にOKです。新品未使用フレームや、完成車外しのパーツのついたフレームなど、是非一度ご相談下さい。

新旧のパーツや工具

自転車パーツや工具

パーツも是非お任せ下さい。魔物系のオールドパーツから、電動最新パーツまで。ビルダーさんオリジナル加工パーツもご相談下さい。更にはメンテナンスの工具や治具も受付中!

自転車雑誌・ムック

自転車雑誌やムック、カタログなど

サイクルスポーツ、ニューサイクリング、旅とサイクリスト、臨時増刊号、トモダのワールドカタログ、各種ムックなど、和書、洋書ともOKです。昔の資料やカタログも大歓迎です!

三月銀輪館の店主より

他の自転車専門店ではお断りされる50年以上前の自転車でも買い取り致します。
当店はランドナー、ロードレーサー、ミニベロなどの買取専門店です。
誠実丁寧に対応致しますので、はじめて専門店へ自転車を売る方でも安心です。

自転車の愉しみ方・・・、そのスタイルは人それぞれ。近所のお散歩ポタリングから日本一周まで、自分の体力によって選べます。
独りでも、ご夫婦でも、グループでも楽しむことができ、そしていま仕事が忙しくて乗れなくても、またいつの日か気軽に復活することが出来ます。
 
私の自転車のスタイルは・・・、仕事がありますから、もっぱら日帰りが中心となります。友人と時間が合わない場合は、独り気ままな自転車小旅行です。 朝早く、始発電車のホームへ。脇には輪行袋に入れたランドナー。目的地で自転車を組み立てると「競輪の自転車かい?」なんて声をかけられます。そして息を切らせながら、いざ峠路へ。峠のてっぺんで持参したオニギリで待望のお昼ごはん。夜のラッシュの前に再び電車で家路へ、これが自分流の楽しみ方でした。

 
自転車という趣味は他のジャンルと比べて特徴的です。それは体育会系と文化系という、2つのアプローチが可能だからです。フィットネス、レース、冒険といった身体・体育的な部分、そして「旅」「紀行」といった文化系的な部分の2つの面を同時に味わえる趣味は他になかなかありません。 
 
もともと、サイクルツーリングやロードレースは戦前から日本で行われておりました。使用する使用する自転車の形態も時代と共に変わります。当初はイギリス流の内装変速を装備した実用車・ロードスターでした。そしてフランス流の外装変速機を実装したランドナー、本場イタリアをモデルとしたロードレーサー、アメリカ発祥のMTBと、選択肢も豊富になりました。1970年代から80年代にかけてのサイクリングブームから、80年代後半のフィットネス、そして90年代に入り空前のMTBブームと移り変わります。「マウンテンバイク」に対して「ロードバイク」という言葉も今では当たり前となりました。昔に比べて道も良くなり、細いタイヤを装着したロードバイクで走れる箇所も増えて参りました。
 
いま、再びロードバイク・ブームの真っ只中にあります。そのロードバイクからマウンテンバイク、折り畳み自転車、クロスバイク、ミニベロ、ピスト、リカンベントなど、色々な自転車を楽しむことが出来ます。そしてもし自分が乗らなくなっても、また次の同じ趣味の方に受け継ぐことが出来ます。自転車の買取に携わる者としても、こんなに嬉しいことはありません。なんて素晴らしい趣味でしょう!生涯の伴侶としての自転車趣味、私もぜひ続けていきたいと思います。

ロードバイクや自転車の買取専門店 三月銀輪館へのご相談はお気軽に 
 0120-68-3196
インターネットご相談フォーム
簡単入力フォームです。
お見積やご相談もこちらから
コラムなどを公開中 

三月銀輪館のご紹介
  高価買取の秘訣を大公開! 
買取の流れ
量や内容により、埼玉県・神奈川県・東京都・千葉県・栃木県・群馬県・ 茨城県・ 全国へ無料で出張中。 宅配買取も完全無料です。
安心してご依頼頂く為に
 
最新情報をご紹介中です。
アクセスマップはこちらをクリック
[ランドナー・ロードレーサーの買取専門店] 

〒348-0065
埼玉県羽生市藤井下組171
三月銀輪館
TEL:048-598-6552
FAX:048-501-8229
MAIL:info@kamimura-cycle.com
営業時間:9-17時(土日祝日休)
ご予約制
【古物商許可】
埼玉県公安委員会第431230027434号